剣道は子どもの頃からやるのが有利?

剣道豆知識

剣道と年齢の関係は?

剣道を学ぶ上で適年齢はありません。極論幼稚園児でもやることはできますし、80歳代のおじいちゃんでも剣道をすることはできます。
もちろん強くなるために、大会で勝つためには一日でも早くから学び始めるのが有利だと思います。

総じて言えば、始めるのは早いほうが良い

というのも剣道というのは直観で行うスポーツというよりも精神面、身体面での両方が成長して強くなるスポーツです。
よって心理面である程度考えて体を動かし始めることができる小学生・中学生から始めることをおすすめします。
まれに高校生からはじめて才能を開花させる選手もいますが、そういう人は剣道を始める前に全身を動かすようなスポーツを経験していたり、運動神経がずば抜けて良い選手だったりします。
そういった選手は例外として、総じて言えることは小学生・中学生程度から剣道をはじめるのが有利と言えると思います。

■子どもの頃から剣道を始めるメリット

剣道で大会に優勝したり大成する選手は若いときに何かしらのスクールに通っていることが多いです。そういった学ぶ場というのは、その多くが小学生や中学生を広く受け入れ教えていることが多いです。
逆に高校生以上となるとそういった学ぶ場が少なくなっており、部活動で強くなるしかないことが多いのが実情です。
そのため学ぶ場を確保する意味でも小学生・中学生から剣道を始めるのがより効率的に早く強くなれるため、有利と言えないこともありません。