初心者の疑問・剣道防具は縫い目でどう変わる?

剣道具の豆知識

剣道防具の縫い目についての疑問

剣道の防具は種類によって縫い目の間隔の大きさが違うことを知っていますか?

縫い目の間隔の大きさを刺し幅といいますが、刺し幅の大きさが違うと防具の見た目や機能に違いが出てくるんです。
では、刺し幅が変わると防具にどんな変化が出るのでしょうか。

■刺し幅によるメリット・デメリット

刺し幅が小さい防具は、芯材と呼ばれる防具の中の衝撃吸収材が圧縮されて薄くなり、衝撃吸収性が低下します。しかし、その分芯材が圧縮されて防具の表面が滑らかになり、見た目が美しい防具になります。

逆に刺し幅が大きいと芯材に厚みが出て柔らかくなり、衝撃吸収性が大きくなりますが、刺し幅が小さい物に比べて厚みが出て見栄えが悪くなります。

理由は下の項目でも述べますが、一般的には刺し幅の短いものほど高価になってきます。

■手刺しとミシン刺しの違い

剣道の防具は人が手で直接縫った「手刺し」と、機械で縫った「ミシン刺し」が存在します。

手刺しは人の手による細かい作業が可能となるため刺し幅の小さい防具を作ることができます。硬めに仕上がるため長く使っていても痛みにくく長持ちしやすいのがメリットです。
しかし、硬い分なかなか身体に馴染みにくく、手作業のため時間とコストがかかるというデメリットがあります。

一方ミシン刺しは手刺しの様な細かい作業ができないため刺し幅は広くなりますが、その分柔らかくなり、身体に馴染みやすくなります。加えて価格が安いため、初心者に向きやすいというメリットがあります。逆に、柔らかい分傷みやすくもなります。
ちなみに縫い目の間隔は手刺しのものだと分、厘といった尺貫法、ミシン刺しはミリメートルで表記されることが多いようです。(※ 一分は約3.03mm)

■刺し目の幅と使い道

刺し幅は小さいもので3mm、大きいものでは7mmなどがあります。
小学生や、練習用として使う防具が欲しい人は衝撃の吸収性が高い防具が求められるため刺し幅の広い5~7mmの防具を選ぶとよいでしょう。

一方で、試合や昇段審査に使う予定がある人は刺し幅が短く、見栄えの良い3mm~5mmのものを選ぶといいでしょう。
実際に防具の質感を感じるためにもぜひお近くの実店舗に行って刺し幅の違う防具を比べてみてください。

■まとめ

防具の刺し幅の違いについて、簡単にご説明してみました。
刺し幅の広いもの、狭いものどちらにも利点があるため、自身の状況によってどちらが良いかを使い分けるのが良いと思います。

ざっくり分類すると「刺し目の広いもの・・・柔らかく初心者や練習用向き。安い」「刺し目の短いもの・・・硬いため長持ちしやすい。昇段審査や試合用に」というイメージです。
これから新しく防具を購入する際の参考にしてみて下さい。