剣道ナビマガジン
  • 第28回全国高校選抜大会選評|底知れぬ九州学院の勝負強さ、完成度の高い東奥義塾 2019年04月04月 Posted in: 試合リポート- 男子|九州学院(熊本)が7連覇達成、黄金時代は続く。 終わってみれば絶対王者の九州学院(熊本)が7連覇を達成した。インターハイでは一昨年に連覇が途切れたが昨夏に王座復帰。まだまだ黄金時代には続きがありそうだ。 とはいえ九州学院の試合は昨年同様に薄氷を踏む試合の連続だった。3回戦、準々決勝、準決勝と3試合連続の代表戦を相馬が制しての優勝であり、どこで敗れても不思議ではなかった。昨シーズンもメンバーに入って全国優勝に貢献した岩間は副将で大将相馬とともに不動。しかし前3人は昨年のメンバーだった門間(2年)、のほ… ...
  • 試合だけじゃものたりない。 参加者全員が剣道の魅力に包まれる大会を目指して|第1回少龍旗全日本少年剣道錬成大会 2018年12月14月 Posted in: 試合リポート- 明治維新150周年記念 第1回少龍旗全日本少年剣道錬成大会 「剣道プロジェクト」の主催する「第1回少龍旗全日本少年剣道錬成大会」が、平成30年11月18日(日)に高知県の高知県立青少年センターにおいて開催された。「剣道プ...記事の続きを読むには会員登録(無料)またはログイン ...
  • 地力を発揮した日本代表選手たちと大健闘した伏兵。3位・ベスト8の選手に聞く|第66回全日本選手権インタビュー集(2) 2018年11月07月 Posted in: 試合リポート- 目指していたのは優勝なので、まだまだだなと思います 3位・安藤翔(北海道・北海道警・28歳) 今年の世界選手権大会では個人戦優勝、団体戦でも大将を務めて優勝という結果を残し、会場では大きな拍手・声援を集めた。本大会では過去3位入賞があるが、昨年まで2年連続で初戦敗退。初優勝が期待されていた今年は序盤から好調さを感じさせたが、優勝した西村英久(熊本)に準決勝で敗れ2度目の3位に終わった。 ──試合を終えての率直な感想を聞かせてください。 目指していたのは優勝なので、全然。まだまだだなと思います。 ──西村選… ...
  • 審査当日とそれまでの稽古を振り返って|八段合格者の経歴と手記【下】平成30年11月29日合格者 2019年01月30月 Posted in: インタビュー- 平成30年11月29日、30日に、日本武道館で行なわれた剣道八段審査。見事合格を手にした剣士に、審査当日の立合について、そして積み重ねてきた稽古について、手記をお願いした。 (年齢は審査当日|本記事は30日の合格者分です)   名生伊智郎(みょう いちろう) 毎日6時10分から行なった朝稽古が、審査への自信につながった ■八段審査での大切な要素 (1)感謝の気持ちを忘れないこと ◯家族に対する感謝の気持ち……家族が理解をしてくれ、いろいろな面でバックアップしてくれていることに対し、感謝の気持ちを忘れないこと。 ◯職場の上司、同僚、部下等に対する… ...
  • 審査当日とそれまでの稽古を振り返って|八段合格者の経歴と手記【上】平成30年11月29日合格者 2019年01月24月 Posted in: インタビュー- 平成30年11月29日、30日に、日本武道館で行なわれた剣道八段審査。見事合格を手にした剣士に、審査当日の立合について、そして積み重ねてきた稽古について、手記をお願いした。 (年齢は審査当日|本記事は29日の合格者分です) 岩橋亮典(いわはし あきのり) 毎日の稽古で感じたことを書きとめ、次の稽古に活かした 今回、剣道八段審査7回目の挑戦で幸運にも合格させていただきました。審査に向けて特別な稽古をしてきたわけではありませんが、今までの審査を振り返り執筆させていただきます。私は、平成17年11月七段審査合格後、腰椎椎間板ヘルニアの手術、膝の怪我等で満足に稽… ...

日本武道出版よりあの「居合道虎の巻 2018」復活!

居合道虎の巻2018

大好評発売中!

居合道虎の巻2018

あの「居合道虎の巻 2018」が復活!
 

大好評発売中!