• 壁となって立ちはだかった妹尾、勝負強さは健在だった大平|インターハイ個人戦準々決勝〜準決勝 2018年08月14月 試合リポート - 男子のベスト8は全員3年生、女子は1年生の齋藤が3位入賞 ■男子|全国的には無名の伏兵加藤が、鳥取県の選手では初の決勝進出 ベスト8を前にして、九州学院の大将重黒木祐介と島原の大将黒川雄大が4回戦で対戦。玉竜旗決勝に続いて黒川が勝った。団体戦で最終日(ベスト16)に残ったチームの選手でベスト8は、その黒川と磐田東の大将野瀬俊也の2人だけと、例年より少なかった。昨年まで5年連続で決勝に残る選手を出した九州学院の選手もいない。 残る6人中5人は団体戦にも出場したが、予選リーグですでに敗れている。上位も予想され ...
  • ギリギリのところで踏みとどまった九州学院の底力|インターハイ男子団体決勝トーナメント詳報 2018年08月14月 試合リポート - 日本一への意欲の高さが、ほんのわずかの差を生んだ 九州学院が2年ぶりに夏の王座に返り咲いた平成30年度インターハイ剣道大会男子団体、ベスト16以上が激突した最終日の戦いを詳しくお伝えする。 ■優勝・九州学院(熊本)|玉竜旗を逃し不安材料もある中、後ろ2枚は盤石だった 九州学院は予選リーグで、昨年のこの大会で敗れた相手である水戸葵陵(茨城)と同居という厳しい組み合わせとなるも、完勝してトーナメントに進んできた。敦賀とのトーナメント1回戦では、先鋒福田、次鋒岩間がともに二本勝ちで大きくリード、中堅以降は勝ち星 ...
  • 中村学園女子を倒すチャンスは、つかむ間もなく去っていった|インターハイ女子団体決勝トーナメント詳報 2018年08月13月 試合リポート - 妹尾がインターハイにいた最後の夏 中村学園女子の3連覇という結果となった平成30年度インターハイ剣道大会女子団体、ベスト16以上が激突した最終日の戦いを詳しくお伝えする。 ■優勝・中村学園女子(福岡)|阿蘇中央にはリードを許し、東奥義塾には妹尾が一本を奪われるも 予選リーグでは中堅に起用された津野以外の4人が2試合とも勝利をあげ、4─1、4─0で高知(高知)、安積(福島)を下し、順当に決勝トーナメントに進んだ中村学園女子だったが、最終日のトーナメントではいきなり優勝を争うチームの一つと見られる島原(長崎) ...
  • 【連載⑦】玉竜旗大会3位。インターハイへの手応えを感じさせたチームの総合力|飯田良平監督のラストシーズンを追う 2018年08月08月 インタビュー - 7月28~29日、玉竜旗高校剣道大会(下) 先鋒に大津遼馬、次鋒に阿部壮己を配した玉竜旗大会6回戦、福翔(福岡)との試合では、それまで出番のなかった中堅榊原彬人と副将福岡錬も試合場に立つことになった。 大津が一本を決めきれず引き分けに終わったものの、阿部は相手の次鋒から副将までを破り、一気に大将斉藤大地を引きずり出す。 斉藤には出ゴテを奪われて敗れ、榊原が登場するが、榊原も斉藤に出ゴテを奪われ敗退。 しかし福岡は斉藤の出ばなにコテを決めると、二本目開始と同時にメンに跳び込んだ。 もちろん勝ち進むにつれ強い相手との対戦となるということはあるが、選手を代えた ...
  • 【連載⑥】真夏の九州決戦に臨む。与えられたチャンスに躍動した2人|飯田良平監督のラストシーズンを追う 2018年08月07月 インタビュー - 7月28〜29日、玉竜旗高校剣道大会(上) 7月28日、福岡マリンメッセで久々に飯田良平監督と育英の選手たちに会った。前回、6月2日の兵庫県高校総体(インターハイ予選)から2か月近くが過ぎている。 約2週間前、7月15日~16日には和歌山ビッグホエールで第56回近畿高校剣道大会が行なわれた。記者は他の取材と重なり足を運ぶことができなかったが、育英高校は見事団体優勝を果たしている。 「面白かったですよ。来ればよかったのに」 と飯田監督が言う。 予選リーグでは先鋒に鎌浦光作(3年)、次鋒には松井奏太(3年)を起用した。松井は春の近畿高校選抜大会で1試合だけ出 ...
あなたがお住いの地域の剣道のことお知らせください。応援サポーター募集中
清家羅偉(平成29年度インターハイ男子団体優勝) 清家宏一氏インタビュー

【連載⑤】26年前ではなく、それからの父を目標に|清家羅偉選手 スペシャルインタビュー

高校時代の父は超えたかもしれないが、少年の頃からの目標は…… 「インターハイ決勝の時は、たぶん初めて吉本先生に祈りました。優勝して、妻と一緒に運転して帰る途中も『本当に優勝したのかな、夢じゃないだろうな』なんて言っていま…

清家羅偉(平成29年度インターハイ男子団体優勝)インタビュー

【連載④】全国選抜からの数カ月でチームが変わった|清家羅偉選手 スペシャルインタビュー

勝因はばらばらだった部員たちが一つのチームになったこと 高千穂高校は、吉本政美監督のもとで昭和61年にインターハイ男女団体アベック制覇。これが男女ともに初優勝で、宏一氏在学中の平成3年に男子が2回目の優勝。 男子はそのほ…

清家宏一氏インタビュー

【連載③】あの時高千穂に行っていなければ……|清家羅偉選手 スペシャルインタビュー

高千穂に惚れ直した父が勧めた高千穂高への進学 高千穂中3年の夏、清家は全国中学校大会個人戦出場を果たした。本大会でもベスト16まで勝ち進む。 部員も増え団体戦出場も可能になった。隣の中学から同級生が転校して来たのに加え、…

清家羅偉(平成29年度インターハイ男子団体優勝) 清家宏一氏インタビュー

【連載②】大阪から、父が高校時代を過ごした高千穂へ|清家羅偉選手 スペシャルインタビュー

行きたかったのは高千穂高校ではなく中学だった 清家は小学1年生の時から剣道を始めた。父・宏一氏がまだ現役で、大阪府警特練(剣道特別訓練員)の練習をよく見に行っており、自分もしてみたいと思ったという。しかし当初は剣道か野球…

昭和54年に赴任した飯田良平監督は平成30年で40年目のシーズンを迎えると同時に、退職の年齢を迎える。インタビュー

【連載①】就任40年目、日本一へ最後の挑戦が始まる|飯田良平監督のラストシーズンを追う

3月2日 育英高校剣道場 昨年のインターハイは5連覇を目指した九州学院(熊本)が決勝トーナメント1回戦で敗れる中、育英は準々決勝まで駒を進めるも佐野日大(栃木)に敗退した。 先鋒大津遼馬、次鋒福岡錬が敗れた後、中堅榊原彬…

東レ滋賀剣道部の道場「明道館」では部員たちが少年指導に携わっている。インタビュー

【連載②】稽古は自分にすごく合っていました | 私の源流:三雲悠佑(東レ滋賀)

考えながらの技の稽古 当時の龍谷は量より質と言われていたので、切り返しを5回やって、面、小手面体当たりひき胴、面、抜き胴、面の短いかかり稽古をやったら、あと1時間ちょっとは各自技の練習になるんです。 そのあと20分休憩し…

清家羅偉選手インタビュー

【連載①】玉竜旗2位でも優勝候補ではなかったチームが|清家羅偉選手 スペシャルインタビュー

父を超える日 2017年のインターハイ剣道大会、男子団体を制したのは高千穂高校(宮崎)だった。 かつて大会史上初の男女団体アベック優勝を果たすなど男女合わせてインターハイ団体優勝6回を誇る伝統校だが、男子団体優勝は26年…

PR
伝説の遺伝子が甦るA-1α
ミツボシ剣道防具「豪」 東山堂剣道防具「特練」
ミツボシ剣道甲手「道」 剣道甲手「虎」 歴史を創る甲手「修道」