2018年9月

試合リポート

兄弟対決を制して寺地賢二郎(警視庁)が親王杯を手中に収める|寛仁親王杯剣道八段大会

過去の成績で圧倒する警視庁勢、今年も王座を守る 首都圏を中心とした強豪八段32名が集い、寛仁親王杯をかけて争われる本大会。 午前中は同会場で全日本選手権への出場を目指した熾烈な予選会が開催されており、その興奮冷めやらぬな…

インタビュー

【連載⑧】最後のインターハイ。悲願の日本一は確かに手の届くところにあった|飯田良平監督のラストシーズンを追う