ギリギリのところで踏みとどまった九州学院の底力|インターハイ男子団体決勝トーナメント詳報

試合リポート

日本一への意欲の高さが、ほんのわずかの差を生んだ 九州学院が2年ぶりに夏の王座に返り咲いた平成30年度インターハイ剣道大会男子団体、ベスト16以上が激突した最終日の戦いを詳しくお伝えする。 ■優勝・九州学院(熊本)|玉竜…

記事の続きを読むには会員登録(無料)またはログインが必要です。
居合道虎の巻2018は、上記ショップからご予約いただけます。