一般は三菱UFJ銀行、女子は東京海上日動がともに初の栄冠|第60回関東実業団剣道大会

一般決勝次川村メン
一般の部決勝、次鋒戦で川村(三菱UFJ銀行)が見事なメンを先取する
試合リポート

この記事は約 3 分で読むことができます。

第60回関東実業団剣道大会
2018年6月3日(日)
東京都・日本武道館

一般の部は三菱UFJ銀行(本店)、女子の部は東京海上日動(本店)がともに快勝

60回目の節目を迎えた関東実業団大会、決勝は一般の部、女子の部ともに初優勝をめざすチーム同士の対戦となり、一般の部は三菱UFJ銀行(本店)、女子の部は東京海上日動(本店)がともに快勝を収めて初の頂点に立った。

■一般の部

三菱UFJ銀行(本店)とアールエフテクニカ(本社)との対戦となった決勝、三菱UFJ銀行は先鋒・貝塚恒紀が、初太刀でいきなりメンに跳び込み幸先よく先制する。

すると次鋒・川村太郎は鮮やかな跳び込みメンを決めたあと、ひきメンを決めて早くも王手をかけた。

中堅廣田憲亮は中盤、大きくメンに跳び込んで一本を奪うと、相手の反撃を封じて一本勝ち、一気に優勝を決めた。

三菱UFJ銀行は22歳の貝塚、23歳の川村、廣田、25歳の副将永谷優樹、26歳の大将三浦生雅と若いメンバーを揃えた。

法大の貝塚、明大の永谷など強豪大学出身者もいるが、決してスター選手ではなく、川村は東大卒。

東京地区だけで80名ほどの部員がいるが、集まっての練習は週1回であとは各自で稽古に行くという。

4回戦で強豪・富士ゼロックス本社を破ってから勢いに乗り、前衛で圧倒した試合も多かった。

NTTとの準決勝では代表戦を永谷が制し、ここ一番の勝負強さ見せた。

大将神崎力が引っ張るアールエフテクニカも準々決勝で日本通運(本社)、準決勝で伊田テクノス(本社)と、伝統ある強豪チームを次々に破る快進撃を見せ、初優勝にあと一歩と迫ったが、決勝は三菱UFJ銀行の勢いを止められなかった。

優勝・三菱UFJ銀行

優勝・三菱UFJ銀行(本店)
貝塚恒紀、川村太郎、廣田憲亮、永谷優樹、三浦正雅。監督=片桐毅

■女子の部

決勝中堅戦、畝尾(東京海上日動)が二本目のメンを決める

決勝中堅戦、畝尾(東京海上日動)が二本目のメンを決める

決勝は過去に2位、3位などの実績があるALSOK(東京)と、初の入賞となった東京海上日動(本店)との対戦となった。

東京海上日動の先鋒河村菜穂は上段の佐々木瑠美に対し、ひきメンを先制、さらに惜しいひき技を何本か見せていたが、一転して跳び込んで二本目のメンを奪った。すると中堅畝尾奈波がそれに続く。

開始早々に相手の出ばなにメンを決めALSOKを追いつめる。高良千紘も惜しい出ゴテなど必死の反撃を見せるが、メンの打ち合いとなり畝尾がこれを制して一気に優勝を決めた。

東京海上日動は大将の小山早穂を含め、3人ともが早稲田大出身で、大学時代にも活躍している。

三菱UFJ銀行同様、決して豊富な稽古量とはいえないなか、チームワークよく最後まで快進撃を続けた。

ALSOKは準決勝の代表戦で藤江絵里が渾身のメンを決め、念願の優勝へあと一歩と迫ったが、決勝は主導権を取り返せないまま敗退した。

女子の部優勝・東京海上日動(本店

優勝・東京海上日動(本店)
河村菜穂、畝尾奈波、小山早穂、鹿嶋織香。監督=宮崎誠治

優勝チームインタビュー&準決勝以下詳細|第60回関東実業団大会

2018.06.07
あなたがお住いの地域の剣道のことお知らせください。応援サポーター募集中