壁となって立ちはだかった妹尾、勝負強さは健在だった大平|インターハイ個人戦準々決勝〜準決勝

試合リポート

男子のベスト8は全員3年生、女子は1年生の齋藤が3位入賞 ■男子|全国的には無名の伏兵加藤が、鳥取県の選手では初の決勝進出 ベスト8を前にして、九州学院の大将重黒木祐介と島原の大将黒川雄大が4回戦で対戦。玉竜旗決勝に続い…

記事の続きを読むには会員登録(無料)またはログインが必要です。
居合道虎の巻2018は、上記ショップからご予約いただけます。