初心者が知っておきたい!試合へ臨むために必要なこと

上達のコツ

試合の前に考えるべきこととは

試合に臨む前に考えるべきことはいろいろあります。緊張しないように、冷静さを常に持ち続けるように、などなど…。
しかし、競技である以上、一番に思うことは『勝ちたい』この一点に尽きると思います。今回は勝つための心構えについて解説します。

■試合に勝つための心構え

剣道において試合に勝つための心構えとして、まず第一に対人競技である点に着目し、相手の弱点を突く行動を行うことで試合が有利に進められるでしょう。

そのためには事前に相手の情報を掴んでおくことも重要ですし、試合の中で相手の苦手な部分や得意としている部分の情報を冷静に掴み試合に生かしていくのが重要と言えます。これは技術面を学んだり、トレーニングを積んで体を鍛えるよりも実は重要なことだと言えます。

体格的にあまり恵まれていない選手でも強い選手を倒せるとすれば、このような精神面での心構えを極め実践することがとても大切なことです。

次に戦っている最中ですが、相手の打ち込みを待っているだけではいけません。

試合が決まるタイミングはどちらかが攻めた時に、そのまま打ち込みが決まるか、逆にカウンターを食らってしまうかですが、基本的にはカウンターが有利と言えます。
しかし、相手の攻撃を待っているだけでは初動がどうしても遅くなってしまうのです。

足を動かしながら、常に相手の攻撃を意識していつでも迎撃できるように準備することが重要です。

■試合に負けて学べること

奮闘及ばず負けてしまったとしても、試合から学べることは様々あります。

剣道という競技は心・技・体すべてを勝つために必要とし、負けるときはどれかが相手よりも劣っていると言えます。

たとえば自分の攻め方が誤っていた場合、相手の打ち込みを待ち、合わせに行って結局負けたらタイミングや駆け引きにミスがあったということが学べます。
駆け引きの点で負けた、すなわち心技体のの部分で自分の弱さが露呈したということになります。

またの部分で言えば、いくら決まったと思える一打が打ち込めたと思っても審判が一本をとってくれないことがあります。そのような際は、何が原因で一本を取ってもらえなかったのか疑問に思うことが多々あります。試合の後に周りに聞いてみたり、自分で試合を振り返ることにより原因を明らかにして、次回同じようなことがないように学べることが可能です。

最後にの部分ですが、剣道とは相手の一瞬の隙をつき相手に打ち込むわけですが、そのためには、強靭な足腰が必要でありそれを可能にするトレーニングが必要なだけでなく、俊敏性も必要となります。それらを準備して試合にのぞんだとしても、もちろん負けることもあります。そのような時は、スピードが足りなかったとか、打ち込みの強さが甘かったといった点を反省し、今後の戦いに生かすことが可能となります。

■最後に

試合前・試合後、また勝ち負けの結果に関わらず言えるのは『謙虚でいること』です。

勝ったとしても決して驕らず、次の試合に向けて自分の剣道をできるよう努めることが大事ですし、負けた時は何が悪かったかを反省して次に同じような負け方をしないことも大事です。

常に相手への敬意を忘れずに戦うことで、戦況を冷静に見つめながら落ち着いた戦いができると言えると思います。